top of page

真 秀

プロフィール

“まほら” 「まことにすぐれた場所」意味をし、古事記や万葉集に用例のある和詞。まほろば。

「和楽器アンサンブル 真秀」は、日本の伝統楽器である箏・三絃・胡弓・尺八の魅力を現代に発信するべく、東京藝術大学音楽学部邦楽科を卒業したメンバーによって2016年から活動開始。

古典音楽の「まほらな音世界」を伝承する一方で、伝統楽器を深く理解したメンバー自身が作・編曲を手がけ、楽器の可能性を拡げている。

全国各地はもちろん海外でも、数十人〜数千人規模の会場まで、多様な演奏活動を展開。

また、自身による作・編曲作品の演奏動画をYouTubeに公開中。動画の総再生回数は1600万回以上。

2019年には代表曲を収録した1stEP「MAHORA」を発売。2020年2nd album「やわらかいそら」を発売。2022年4月、3rd album「令月」「風和」発売。

 

Japanese traditional musical instruments ensemble "MAHORA"

 

All of the members are professional players, and with the tone of refined Japanese musical instruments, let 's enjoy the "unusual sound world". 

They want to disseminate the charm of traditional music to contemporary Japanese, they are doing performances using that koto · shakuhachi · shamisen from that thought. 

In 2010, they formed a graduate of Tokyo National University of Fine Arts and Music, and started full-scale activities from 2016. 

Besides classical songs, members themselves are arranging and composing, they are challenging various songs pursuing the limits of Japanese  traditional musical instruments.

Performance videos delivered on Youtube exceeded 10 million total views.

 

—やまとは國のまほろばたたなづく 青垣山隠れる山としうるわし—

 

「 まほら」とは万葉集にも見られる言葉で「真秀」と書き、真に秀でたという意味になる。

 

ーYamato is the best place "Mahoro" in the country. A mountain of overlapping green fences, Yamato staying in it is beautifulー

 

"Mahora" in the word that is also found in Manyoshu tanka collection , meaning it was truly outstanding.

真秀 太鼓編成.jpg
bottom of page