top of page

第一回 青木礼子&鳥越菜々子 DUO箏リサイタル

2024.7.20チラシ.jpg

 本公演は、2人の箏曲家の「個性」にフォーカスしたDUOリサイタル企画です。
二重奏レパートリーからは、作曲年代も編成も異なる3曲を取り上げます。
『二つの個性』は、現代邦楽勃興期に作曲され、現在では箏二重奏の新たな古典とも言うべき重要なレパートリーです。
『千代の鶯』は、幕末に活躍し、箏曲の歴史に革命を起こした光崎検校の代表作です。伝統的な地歌箏曲の編成である、箏と三絃の二重奏でお聴きいただきます。
『風神&雷神』は現在も箏曲家、作曲家として第一線で活躍する、吉崎克彦の作品です。箏と十七絃の二重奏で、現在に生きる箏曲の形をご覧いただきます。
他に、『十七絃独奏による主題と変容《風》』を鳥越が、箏独奏曲『綺羅』を青木が演奏します。それぞれの個性が映える独奏曲として互いに選曲したとのことです。また、作曲の牧野由多可、杵屋正邦は「現代邦楽」の文脈で大きな役割を担った作曲家です。
10年以上、さまざまな機会で演奏を共にし、互いの個性を深く理解しているからこそ生まれる音楽を、ぜひご覧ください。

チケット
予約受付中

第一回青木礼子・鳥越菜々子DUO箏リサイタル

 

●2024年7月20日(土)
●19:00開演(18:15開場)
●神楽坂 THE GLEE
●チケット(税込)
・全席自由:¥3,200 + 1drink

 

出演】
青木礼子(箏・三絃)
鳥越菜々子(箏・十七絃)

助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京〔スタートアップ助成〕

ご予約いただき有難うございます。

1週間以内に確認のメールをお送りさせて頂きます。
bottom of page